巨匠達が信頼した大滝 秀治

つい先頃に公開された降旗康男監督の「あなたへ」。

主人公 が亡き妻の希望により彼女の遺骨を散骨するための船を長崎の海へ出す船長を演じたのが、大滝 秀治(おおたき ひでじ~生1925年(大正14年))でした。

あなたへ 」は彼の最後の映画となり、大滝ファンの間でも話題になっています。

大滝 秀治は1925年生まれ。

映画俳優として人気を集めたのは言うまでもありませんが、舞台俳優や演出家としても非凡であり、
うちのホンカン」や「前略おふくろ様 」などのテレビドラマでお茶の間を賑わせました。

ちゃきちゃきの江戸っ子の彼は、戦時中は空軍に召集されたものの敗戦。

その後GHQに通訳として勤務している時に、帝劇で見た「真夏の夜の夢 」で芝居に目覚め、
劇団民藝に入団。

当時の劇団民藝は日活映画と組んでいました。

この時期の日活映画は
熟年俳優不足と言う問題を抱えており、劇団民藝の団員はしばしば脇役としてかり出されていました。

そうなると、自然と大滝 秀治が出演する作品も増えてきます。

もちろん、いきなり主演と言うことはありません。

しかし大滝には、そこに居るだけで存在感を発する強烈な個性があり、
その存在感がかえって画面を引き締めました。

そんな大滝 秀治の俳優としての資質や力量を信頼して役を任せた監督は多いです。

例えば黒澤明は「天国と地獄」に、熊井啓は「日本列島」に、
森谷司郎は「首」に、大滝を出演させました。

そして大滝は見事にその信頼に応えたのです。

この時期の大滝が出演した映画の中でも必見は「あにいもうと」。
草刈正雄と秋吉久美子の父親役を見事に演じきりました。

巨匠達はその後も様々な作品に大滝を出演させ、
さらに「金田一耕助シリーズ 」などに出演することで活躍の場を広げていきました。

大滝の出演作の中でも彼の持ち味が映えるのが、
伊丹十三監督の「お葬式」と「タンポポ」ではないでしょうか。

様々な名作の中でキラリと光る役を演じてきた大滝 秀治は、後に劇団民藝の代表になりました。

その中で大滝は70本以上の舞台の出演を行ったと言われています。