エノケンと並ぶ喜劇王、古川緑波(ロッパ)

古川緑波(ロッパ)は1903年、男爵家の六男に生まれましたた。

育ちの良さからくる教養と
ユーモアを武器に高校生時代から映画評論で活躍しました。

その後、劇団「笑いの王国」を率いて登場、お洒落なパロディが人気を呼び、当時の浅草喜劇界のカリスマ榎本健一 (エノケン)並び称されるまでになり、東宝が2人を傘下に収め戦前の喜劇の一時代を築いたのでした。

すでに映画出演しいたロッパは、東宝に入社するや「歌う弥次喜多」、佐々本邦原作の人気小説の映画化「ガラマサどん」などを大ヒットさせ、名実ともにエノケンと並ぶ喜劇王の地位を確立しました。

エノケン喜劇は、チャップリンの喜劇のようなスラップスティック(どたばたギャグ)の要素が濃かったのですが、ロッパは「ロッパのお父ちゃん」「頬白先生」とペーソスを生かした熟年役で味を見せ、マキノ正博監督、長谷川一夫とトリオを組んだ「男の花道」「婦系図前後編」などは貫禄も手伝って当たり芸となりました。

敗戦後の1949年、劇団は解散しましたが、映画では、初めてエノケンと共演した山本真次郎監督の前・後編の風刺大作「新馬鹿時代」をはじめ東宝、新東宝、東横、松竹、大映と各社股にかけ出演、ラジオでは「さくらんぼ大将」が大人、子供を問わぬ人気番組となりました。
アチャコ青春手帖 第1話東京篇 珍説忠臣蔵 古川ロッパ昭和日記 戦中篇

エノケンと並び称された、喜劇界のトップスター古川ロッパが戦前から戦後、晩年に至る日々を綴った日記を収録。

次々と登場する当時の大人物、戦争と大日本帝国への憤り、戦後のロッパー座、晩年の苦悩など、昭和史の貴重な証言でもある名著。

戦前、戦中、戦後、晩年編の仝4巻があります。

1954年、エノケン、金語楼らと喜劇人協会を結成しました。
5回の東京喜劇まつりを日劇で公演し、ハ波(はっぱ)むとしらの後輩が大飛躍を遂げました。


持病の糖尿病と肺炎を1961年正月に併発、57年の生涯を閉じました。

現在、古川ロッパの華やかな映画、舞台姿や歌声はほとんど忘れられてしまいましたが、彼が、書き遺した膨大な日記、辛辣ですが、軽妙なエッセイなどは、激動の昭和時代の歴史と風俗を写し出した貴重な記録です。

古川ロッパ 豆知識(笑)


サザンオールスターズのアルバム「人気者で行こう
の中の曲、「メリケン情緒は涙のカラー」の歌詞の1節に、
エノケン・ロッパの芝居中どうして Oh no!」と
古川ロッパと彼と並び称された
往年の名コメディアン榎本健一 (エノケン)が歌われています♪