永遠の若大将・加山雄三

加山雄三と言えば、現代っ子でも知っている有名な俳優。
時代を越えて愛されている彼は、様々な作品に出演してきました。

テレビ朝日で毎朝放映されているのが「若大将のゆうゆう散歩 」。
「若大将ゆうゆう散歩」では、若大将こと加山雄三が都内や近郊を散策すると言う番組です。

75を過ぎているとは思えない「若大将」が町を歩き、住民と交流していきます。

そんな加山雄三ですが、彼の父は伝説の二枚目とも言われている上原謙の息子。
1937年に生まれ、湘南海岸で水泳とピアノを楽しみながら育ちました。

彼のデビュー作は、東宝映画「男対男」(60年)。

三船敏郎や池部良など、当時既に大活躍していた
先輩達が共演することで、上原謙の息子のデビューを祝いました。

加山は俳優としての資質が優れていただけでなく、類い希なる運動神経も持ち合わせていました。

その運動神経を買ったのが、岡本喜八監督。

アクション映画俳優として岡本喜八監督の「独立愚連隊西へ 」に主演したのをきっかけに、
アクション映画に連続で主演。

硬派から軟派までいける俳優として、61年には8本の映画に出演しました。
加山の代表作とも言える「大学の若大将」シリーズが生まれたのもこの年です。

その後も巨匠黒澤明の「椿三十郎」や「赤ひげ」、成瀬巳喜男の「乱れる」にも出演し、
俳優としての地位を確固たるものにしていきました。

しかし加山雄三と言う俳優の真の魅力は、やはりその屈託のない、若々しい明るさではないでしょうか。

加山雄三の世界 CD全10巻


彼の持つ個性は多くの人を魅了し、
エレキの若大将」では自作自演したテーマソング
君といつまでも」が大ヒット。

兄貴の恋人」や
「二人の恋人」でも、彼の光る個性を見ることが出来ます。

70年以降になると倒産や怪我などにより苦境に立たされますが、見事克服。

復活を果たした後も精力的に活動を続け、年と共に出演本数が減っていっても「日本海大海戦 」や
激動の昭和史 沖縄決戦」、「八甲田山」、「零戦燃ゆ」などの名作を残しています。