今も活躍する大女優・八千草 薫

宝塚と言えば、古い歴史を持ち、
今なおきらびやかな舞台で多くの女性を魅了してやまない劇団。

そんな絢爛豪華な舞台出身の映画女優が、八千草 薫です。

八千草 薫が生まれたのは1931年。
そして十も半ばの1947年に、宝塚に入団しました。

純情可憐な女性役として高い人気を得た彼女は、
51年に「宝塚夫人」(東宝)で映画女優としてデビュー。

それをきっかけに、活躍の場を映画業界へ移していくことになります。

「宝塚夫人」から3年後の54年には、時代劇監督の巨匠と名高い稲垣浩監督の「宮本武蔵 三部作」(「宮本武蔵」「続・宮本武蔵 一乗寺の決斗」「宮本武蔵・完結篇 決闘巌流島」)にお通役で出演。

主演の三船敏郎との素晴らしい演技で、日本一の娘役として広く愛される女優になりました。

翌年の55年には、オペラの名作「蝶々夫人」に出演。

この映画は巨匠カルミネ・ガローネが指揮を執るイタリアと日本の合作映画であり、
八千草はエキゾチックで可憐な容姿と高い演技力でヒロインを演じ切りました。

そんな八千草 薫ですが、
可憐な娘役しか出来なかったかと言えば、そんなことはありません。

純情可憐な娘役ばかり、と言う
印象を払拭するきっかけとなった「雪国」はファンならば必見の作品です。
60年になると東宝演劇部と専属契約を交わし、
「放浪記」や「がしんたれ」に出演。

これを機に再び舞台女優としても活躍するようになります。

もちろん映画女優としての活躍も衰えません。

大映「銭形平次捕物控・八人の花嫁」(58年)や
松竹「現代無宿」から始まり、様々な制作会社の映画に出演。

中でも「美しさと哀しみと」(65年)ではアジア映画祭女優助演賞を受賞しました。

また、寅さんでお馴染みの「男はつらいよ・寅次郎夢枕」(72年)で10代目のマドンナを演じ、
寺山修司の代表作として有名な「田園に死す」(74年)ではたくみに母性を表現しました。

八千草 薫の夫である谷口千吉監督の「アサンテ・サーナ」(75年)にも出演しています。

そんな八千草 薫も、既に80歳を越える年になりましたが、
2013年には、映画(邦画)「舟を編む」に、

テレビドラマでは、「母。わが子へ」に出演し、
今なおあせない魅力を残しています。




トラックバックURL

http://xn--2nyv89c.biz/%e5%85%ab%e5%8d%83%e8%8d%89%e8%96%ab/trackback/

コメントを残す